テスターで得られるものが結構あった話

Engineer

テスター

「テスター」と言う言葉を聞くと「プログラムを書けず単純作業だけをやらされる」といったネガティブな印象があるかもしれません。

確かにテスターは、開発エンジニアが実装したプログラムが「仕様通りに動くか?」を確認する作業員です。

具体的には、テスト仕様書を読み、アプリが正しい挙動になっているかを検証していきます。

基本的にプログラミングのスキルは不要。
日本語が読めて手を動かせればできる仕事でしょう。(その為、単価も安いです)

そんな風に、この界隈で揶揄されがちな「テスター」ですが、実は他業界から転職してきた人にとっては得られるものが結構多いと思っています。

PC操作に慣れる

かつての自分がそうでしたが、未経験者はそもそもPC操作すらままならないです。
(タイピングが遅い、ショートカットキー使えない、ツールを使いこなせない、etc..)

そのため、PC操作の練習場として割り切って、テスターから入るのは悪くないと思います。

特にショートカットキーの操作は、必須スキルなので、意識して使いましょう。

最初は「ショートカットキーを意識することで逆にスピードが落ちる」現象に陥りますが、慣れるまでの辛抱。長期的に見たら人生において、かなりの時間短縮になるはずです。

第三者が見てもわかる文章

テストでバグを発見した時には「バグ起票」をする必要があります。
バグ発生した際の「前提条件、手順、起こった事」などを書くものです。

このバグ起票チケットを開発者が改めて確認&修正していくのですが、
これがわかりずらい文章だと、コミュニケーションコストが発生し、ストレスや時間のロスに繋がります。
(例えば文章に前提条件がない・主語がないといった抜けがあるなど)

こういったバグ起票の繰り返しでも、文章力の向上や、確認の習慣が身につくと思っています。

まとめ

自分の経験上思うことですが、
テスターはPC操作のための修行場として割り切って考えれば、悪くはないと思います。

ただし結構すぐ慣れてくると思うので、経験としてはMAX2ヶ月で十分でしょう。

それ以降は開発環境に入りましょう。
すぐに開発に入れないなら、テスターを辞め(無職で時間を確保して)開発の勉強に全振りした方が絶対に良いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました